ご相談 ご予約 トップページへ トップページ 医院情報
初めてご来院の方へ
お気に入りスポット
歯科
治療について

携帯サイト
携帯サイト
蜈・繧梧ュッ
蜈・繧梧ュッ縺ョ豐サ逋ゅ・豬√l縺ィ譚先侭縺ォ繧医k驕輔>
蜈・繧梧ュッ豐サ逋ゅ・豬√l
蝙九r縺ィ繧翫∪縺・ width=
縺九∩蜷医o縺帙・菴咲スョ繧呈アコ繧√∪縺・ width=

莠コ蟾・豁ッ繧剃クヲ縺ケ縲∽サョ縺ョ蜈・繧梧ュッ繧剃ス懈・縺励∪縺・ width= 縺九∩蜷医o縺帙・繝√ぉ繝・け繧偵@縺セ縺・ width=

謚€蟾・謇€縺ァ蜈・繧梧ュッ繧定」ス菴懊@縺セ縺・ width=
陬・捩縺励※隱ソ謨エ縺励∪縺・ width=  
蜈・繧梧ュッ縺ォ菴ソ逕ィ縺吶k邏譚・ width=
驥大ア槫コ・ width=
入れ歯の床にコバルトクロムやチタンなどを使用。精度が高く、厚みも薄く作ることができます。

繝励Λ繧ケ繝√ャ繧ッ蠎・ width=
健康保険が利用できます。強度を保つため、厚く作る必要があります。変形しやすく、 割れてしまうこともあります。
譚先侭繧・婿豕輔↓繧医k3縺、縺ョ驕輔>
入れ歯の治療は、使用する材料や方法により主に3つの点で違いがあります。

驕募柱諢・ width=

プラスチック床の入れ歯は、強度を保つため、厚く製作する必要があります。これが大きな違和感の原因です。 金属床なら薄くて丈夫な入れ歯が作れるので、違和感も最小限にすることが可能です。

驥大ア槫コ翫↑繧芽埋縺上※荳亥、ォ
驥大ア槫コ翫→繝励Λ繧ケ繝√ャ繧ッ蠎・ width=



螳牙ョ壽€ァ

プラスチック床は強く噛むとたわんでしまいます。さらに長期間の使用により少しずつ変形し、徐々に噛めなくなってきます。 金属床なら、たわみや変形も少ないので、しっかりと安定した噛み心地になります。

繝励Λ繧ケ繝√ャ繧ッ縺ョ逎ィ閠・ width=
髫咎俣縺ョ諡。螟ァ


貂ゥ縺九&繝サ蜀キ縺溘&繧呈─縺倥k

上あごをおおう入れ歯の場合、プラスチック床では温かいものや冷たいものを食べても熱を感じにくくなります。たとえば、温かいお茶を飲んでも、上あごはその温かさをあまり感じることができません。その点、金属床は熱の伝導にも優れているので、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じることができます。


驥大ア槫コ翫↑繧蛾」滉コ九b縺翫>縺励>
繝励Λ繧ケ繝√ャ繧ッ蠎翫→驥大ア槫コ・ width=
治療中苦しくなったら 皆さんの知りたいにこたえます 診療方針 4つの安心